熟年離婚で一番多い理由

増加する熟年離婚

熟年夫婦が離婚する熟年離婚が増えてきています。
40〜50年ぐらいの間に離婚件数がほぼ4倍の数です。
今回は、この熟年離婚について考えていきます。

なぜ年をとってから離婚するのか?

原因や理由には色々あります。
長年付き添っているうちにお互いの価値観が分かり、価値観の違いにより仲が悪くなってしまうパターンや、結婚後すぐには見つけることのできなかった性格の一面などを見つけてしまい、嫌いになってしまうパターンなどです。
人によっては価値観や性格に対して不満を持ち、相手を尊重せず一方的に責めたりします。
我慢をし続けたり会話がない夫婦がなにかのきっかけで離婚を切り出すケースも少なくありません。
特に金銭面でトラブルがあると離婚に踏み切ることが多いようです。

離婚を提案するのは女性から

離婚を切り出すのは女性が多く、「専業主婦をしたくない」とか「舅や姑の世話はこりごりだ」という声も目立ちます。
亭主関白な夫だと、家事など一切手伝わずに妻に頼みごとばかりしているようです。
熟年離婚なんてよほどどちらかが虐待か一方的に虐げられていないと、成立しないのではないかという考えの人もいます。
しかし現実では浮気や不倫などの異性問題、愛が冷めてしまったなどの感情論、会話がないなどの意識面でのストレスが離婚を決意させる原因です。
相手の嫌な部分を我慢して長年連れ添っていたが、子供が自立したので離婚しようなどというパターンもあります。
なにより離婚を容易にしてしまうのは年金分割制度の整備により夫の年金を一部受け取ることができるようになったことが大きいでしょう。
姑や舅の介護を一方的に妻がしている家庭では、介護疲れによりストレスが溜まり夫に不満をぶつけているのが現状です。
妻が不満やストレスを抱えているときは、親身になって相談に乗り、手が空いてるときは手伝ってあげるのが仲直りの秘訣でしょう。