最近の夫婦の離婚理由について

離婚原因は「性格の不一致」が最多

大ホールでの公演離婚理由で最も多く聞くのは性格の不一致です。
一年足らずぐらいの同居生活ならば、無理して相手に合わせることが何とかできますが、それ以上長くなると演じることに疲れていろいろと本音が出てくるのです。
昔は違ってこそ当たり前と割り切ることが多いのですが、最近の夫婦は性格の不一致によって相手に裏切られたと感じ、離婚に至ります。
芸能人も多くがこの理由で離婚します。
そのため、相手との性格の違いを受け入れられるか、結婚前に同棲生活をして試してみるカップルもいます。

浮気や親族トラブルも主な理由

続いて従来からよく聞く不貞行為が挙げられます。
結婚してもほかの異性に気を取られることは男女問わずありうることなのですが、開き直って堂々と浮気をされると相手は離婚を本気で考えるようです。
さらに、親族間とのトラブルが挙げられます。
嫁姑問題は典型的ですが、さらに相手の親族関係に問題があったりなどで、その対処で夫婦間がこじれてしまうケースです。
恋人の間はさほど気にならない問題でも、夫婦となるとどうしても関わらずにいられなくなり、互いに衝突したり板挟みになったりで離婚に至ります。

注目されるのがDV

そして近年注目されるDVなどの暴力です。
もともと男性から女性へと思われた問題ですが、女性から男性に向けられるケースも出てきました。
近頃では物理的に打撃を与える場合だけではなく、言動で相手を侮辱するモラルハラスメントも該当するようになりました。
加害者側は好きで気を許せる相手だからこそ怒りの感情を抑え込まずに出せるのだと言いますが、危害を加えられる相手には相当つらい心身の傷となり、耐え切れずに離婚に至るのです。
第三者から見れば結婚する前に分からないことが疑問の離婚理由が挙げられますが、本格的に共に人生を暮らしてみないと判明しないことが多いのです。
いずれにしろ、問題が発生したときには夫婦である場合が多いため、解決策として離婚となるのです。
しかし先に挙げたどの理由も、昔だったら一方的に耐えることが奨励されていました。
現代社会は無理に耐えることを強要しない夫婦の在り方となったともいえます。